« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の5件の記事

タイヤが届いた〜

タイヤが届いた〜
前はダンロップのDZ101でしたが、グリップが足りずにLSDに負けている感じでした…
今回は以前FTOで愛用していた横浜のAD07です
当時はAD05/AD06に比べてAD07では遥かにグリップのレベルが高くなり、性能を持て余してしまっていましたが、CE9Aではどうなるか。
楽しみであります(`・ω・´)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LivetuneさんのRe:package

LivetuneさんのRe:package
届いた〜(>_<)
フフフ、本日からのヘビーローテーション決定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジオン軍のアレが価格崩壊!

ジオン軍のアレが価格崩壊!
モビルスーツも安くなったのぅ(違

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パッキン交換のついでに…

パッキン交換のついでに…
交換の際にカムカバーを外すことになるので、どうせなら。と、赤く塗ってみた
これでエボリューションⅣ以降の4G63エンジン風味に(^_^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ROがプレイできそうなintel Atom搭載ミニノート

最近5万円台のミニノートPCが人気だそうな。
Webブラウジングやメールチェックでの使用をメインとしたモバイル機という位置づけだったため、初期モデルはC7やPentiumMクラスの省電力CPUを用いており、ややパワー不足の感じが否めなかった。
またASUS社のEeePC 4G-X(初期モデル)のように、ルーツがいわゆる「100ドルPC」であったため、LinuxPCとして徹底的に贅肉をそぎ落とした軽量なPCであり、Widows機として使いこなすのにはOSのチューニングができるスキルが必要とされた。

だがここにきて、本命の低消費電力CPUであるIntel Atom N270の登場によりデスクトップPCのローエンドモデルくらいの性能には到達したのではないかと思われる。

ここではRagnarok Onlineをプレイするのに最適と思われるAtomN270搭載ミニノートPCとして、以下の3機種を比較してみよう。

この三社にはあまり聞き覚えのない人も多いかもしれないが、自作PCユーザーにはお馴染みのメーカーたちである。ちなみにAcerはマザーボードメーカーとしては、グループ企業であるAOpenの方が有名。
いずれのメーカーも、ほとんどのPCメーカー向けにマザーボードを生産し提供している(OEM)。と言った方が多くの人にも安心できる説明になるだろう。
また、AtomPCについてはこちらの記事を参考にしてみても良いでしょう

5分でわかるAtomノート(ASCII)

なお、4ページ目が今回比較するPCの記事になっています。

EeePC 901-X

レビュー記事
新旧対決!Eee PC 901はここが変わった!
価格.com ファインエボニー/パールホワイト
Amazon ファインエボニー/パールホワイト

主記憶装置としてSSDを採用しているのが特徴。機械的動作が必要なHDを使用していないため、消費電力と耐衝撃性で勝るのが利点。反面、容量あたりの単価が高くなるため、低価格機を狙った同機では4GBと8GBの二台のドライブを搭載している。なお、OSは4GBの方にインストールされている。
こちらの先代モデルは本来Linuxでの使用を前提としたモデルで、WindowsXPがインストールされるのは日本版だけであった。その流れがあるためか、先代モデルにSSDをもう一台追加した格好だ。
問題点はここにある。Cドライブは4GBであり、Dドライブが8GBなのだ。4GB+8GB=12GBの単一ドライブではないのだ・・・。
つまりOSが入るだけでも精一杯。さらに今後サービスパックがでた場合の容量増加を考えると、システムドライブとしては残り容量がかなり心許ない。
というわけで、2台目のドライブであるDドライブをいかに上手く使いこなせるか。逆に上手く利用できない人にはあまりお勧めできない。ある程度OSをチューニングできる人でなければ使いこなすのは難しいだろう。
参考までに、Windowsのダイエット記事を上げておこう。

Eee PC発売記念(?) この小さいマシンでゲームを動かしてみよう――その1:Windows XPを頑張って小さくしてみる(4Gamer.net)

Wind Notebook U100

レビュー記事
売切れ続出!MSI「Wind Notebook」人気の秘密
MSIのAtom搭載ミニノート「Wind Notebook U100」ファーストインプレッション
価格.com まだない・・・Black
Amazon まだない・・・

メモリスロットは2つで、1スロットに1GBのメモリを使用しているので、1スロットの空きがある。追加したいなと思ったときに拡張できる点がポイント。他機種と比べたときのメリットは、ワイドモニタであること。そのため本体も横に幅が取れるため、キーボードのサイズは一般的なノートPCと同サイズとなるので、キーボードの打ちやすさを重視するならこのモデルになるだろう。
逆に言えばその分他機種よりも大きいと言うことで、その大きさがデメリットとなる。携帯性を重視するなら確認しておかなければならないポイントといえる。
画面が大きくなったためか、バッテリ稼働時間は2.5時間となる。

Aspire one

レビュー記事
写真で見るacerミニノート「Aspire one」
価格.com シーシェルホワイト/サファイアブルー
Amazon シーシェルホワイト/サファイアブルー
ドスパラ OEM版

メモリは2スロットあるのだが、512MBモジュールを2枚使って1GBにしてあるので、これ以上の追加はできない。1GB以上にしたければ既存のメモリと差し替えることになるだろう。
マルチメモリカードスロットの他に、SDカードスロットをもう一カ所持っている点がメリット。
バッテリ稼働時間は約3時間で、モニタの大きさはEeePC 901-Xとほぼ同一

これらのPCにRagnarok Onlineをインストールすることを考えてみよう。
同ゲームの現在の必要スペックは

CPU 650MHz以上(推奨1GMHz)
実装メモリ256MB以上(推奨512MB)
16MB以上のVRAMを有する3Dアクセラレーターチップ搭載グラフィックボード
(推奨GeForce/RadeonのVRAM64MB以上搭載モデル)
2GB以上の空き容量
DirectX 8.0以上

AtomN270(1.6GHz)はPentiumMの実クロックの半分くらいの性能となる。PentiumMはだいたいPentiumIIIと同等の性能なのでPentiumIII1GHzとぎりぎり推奨レベルに到達するのではないかと思われる。
必要メモリ容量は満たしている。
グラフィックボードはオンボードのintel GMA950(intel 945GSMチップセット)なので3D性能にはそもそも期待できないが、動作はする、はず・・・。性能的にはMobilityRadeon 9100 IGPあたりが近いらしい。ハードウェアT&L機能は搭載していないグラフィックチップなのでソフトウェアエミュレーションとなるため、ROのSetupでDirect 3D T&L HALは選択できない。視点変更とかには期待してはいけないかも。
空き容量の点でEeePCは注意しておいた方がいいだろう。

というわけで、自分的にはMSIのWindNotebook U100がほしいな~
自分は携帯性よりキーボードの打ちやすさを取るだろうしね。
EeePCが単一ドライブだったら・・・orz

とか書いてたらこんな記事が!

Lenovo、Atom/10.2型液晶搭載のネットブック「IdeaPad S10」

399ドルってことは4.3万円か!日本語用キーへのカスタマイズがあるとしても5万円くらいか?
10月からだそうですが、待てる人はもう少し出そろうまで様子を見てもいいかもしれませんね。

続きを読む "ROがプレイできそうなintel Atom搭載ミニノート"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »