« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の9件の記事

ガソリン価格上昇中

ガソリン価格上昇中

行きつけのセルフは、一気に6円上がったよ(´・ω・`)
他のスタンドよりはマシだけどね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月のセルフSS価格(BlogPet)

ぴーたーが地区みたいな予想したいです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴーたー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google Videoをテスト(BlogPet)

ぴーたーはテストしなかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴーたー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AMD、サードパーティーを巻き込んだコプロセッサ計画

今まではPCIやPCIxと言った外部バスを通じて演算するしか方法がなかった広い意味でのアクセラレータ。
今までの例で言えばMPEG拡張ボード、PhysXのような3D物理演算チップなどだろうか。
AMDが推進するのはCPUへダイレクトに干渉できるシステムだ。

リンク: コプロセッサの時代を開く、AMDの「Torrenza」イニシアチブ.

同社が想定するコプロセッサの範囲は非常に多岐にわたる。
前述のような例に加え、Java、XML、セキュリティなどなど。
しかもこのインターフェイスをサードパーティーに広く公開するというものだ。

計画がうまくいけば、量産効果で価格低下の効果も生み出せるだろう。

例えば私が期待するのは、セキュリティの分野で例を挙げると、DESやAESといった暗号化標準。ネットワークの分野ではWANの境界で活躍しているアプリケーションアクセラレータ。ゲームの分野ではGPUを補佐する機能。映像分野ではH264のエンコード・デコードなどだ。

標準レベルのCPUに特定分野のアクセラレータをプラスすることによって、様々な用途に特化した低価格PCを作ることが出来るだろう。
一般企業ではオフィススイーツや、基幹アプリケーション、更にJavaを多用するようなグループウェアに対応するアクセラレータ。
家庭ではH264コンテンツや映像・音楽のコーデック、AJAX関連のアクセラレータ。
可能性は広い。大変面白そうな計画だ。

なお、i387等が一瞬頭に浮かんだ人は挙手しなさい(`ー´)
同志と認定しましょう(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フロント用秘密兵器あらわる(BlogPet)

ぴーたーがen-gがここまでen-gはラリーはblogした?
ここまでパーツをblogしたの?


e n-gで、アイドリングー!*このエントリは、B l o g P e t(ブログペット)の「ぴーたー」が書きました。
.



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴーたー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RMT業者vsオンラインゲーマー、全面戦争はじまる

今、オンラインゲームは未曾有の危機に晒されている。
オンラインゲーム提供会社が規約で禁止している、BOTと呼ばれるプレイヤー全自動操作ソフトとでも表現したらよいだろうか。このBOTがゲーム内を我が物顔で活動している。アイテムや経験値の横取り、詐欺行為に近い行為、ゲームのバグをついた違法行為、等々。
高度なBOTソフトは1台のPCで、PCの動作限界に達するまでいくつものBOTキャラを操ることも出来るというのだ。
ともかく、そのBOTがゲーム内に大量にとき放れ、一般のプレイヤーが普通にゲームを楽しむこともできなくなっている。

「なんだ、オレには関係ないや~」なんて思ったあなた。
実はもっと遙かに深刻な問題があるのだ。

BOTソフトを使用し、後はほったらかしておくと、時間さえあれば簡単にアイテムを入手することが出来る。複数使用しているなら更に効率は倍だ。
ゲームの中にはもちろん貴重なアイテム(レアアイテム)がある。このレアアイテムを他のプレイヤーに売却することで、大量のゲーム内通貨を得ることができる。
一般プレイヤーからしたらずるいと思うよねぇ。

BOTのおかげでゲーム内ではインフレ現象が発生し、一般プレイヤーのゲーム内資金では、まず購入することが出来ないモノばかりで溢れることとなった。

一方、一部の現実通貨(円)で裕福な一般プレイヤーが、インターネットオークションなどで、レアアイテムやゲーム内通貨を円で買う人たちが現れた。リアルマネートレード(RMT)と呼ばれる行為だ。もちろんサービス会社は規約で禁止している。

ココに目を付けた連中がいる。
それがRMT業者だ。

今やRMT業者は莫大な利益を上げているらしい。
しかもその裏では中国、韓国が蠢いている。
実はBOTソフトは、そのほとんどが中国や韓国産。
しかも有り余るマンパワーを用いてBOTを操作して、大量のアイテムをRMT業者に提供し「円」を得ているのだ。

RMT市場で取引される円ってどれくらいだと思います?

100万?1000万?

いいえ、150億円にも達します。

もちろんそのすべてが収入ではないですが、大量の円がRMT業者を通じて国外に流出していることになります。

ではその円の価値は何によって生み出されたモノか?

そう、不正行為です。

ゲーム内通貨がRMTによって現実通貨に流れることにより、問題はゲーム内だけに留まらなくなったのだ。

もっと判りやすく言おう。

偽札作りとほぼ同様!

ゲーム内のインフレが現実世界にも影響を及ぼしはじめている。

だが残念ながら現在の法律ではこの行為を裁けないのだ。
迅速な法整備が望まれる。

そこで私たちに出来ることは何か?
それは

RMTを行わない!

と言うことだけだ。

リンク: BOTNEWS~ボットニュース~:RMT業者vsオンラインゲーマー、全面戦争はじまる.

7acbbcd0(from BOTNEWS)
当サイトはRMTに反対します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

7月のセルフSS価格

7月のセルフSS価格

秋田市最安地区では、予想に反して先月より1円下がった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フロント用秘密兵器あらわる

フロント用秘密兵器あらわる

GABのラリー用4段なんだけど、驚いた事に新品!
スペアパーツとして眠っていたのかもねぇ…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/6 Microsoft月例パッチについて(BlogPet)

en-gは
塗装カード冷却ファンが止まっていました(´・ω・`)そう言えば、半分死んでるGeFoc.
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴーたー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »