« TDK 記録型CD/DVD撤退の余波(BlogPet) | トップページ | 中国から日本のメールサーバー内のメールが受信不能に »

ペダルのお手軽チューン

私のドライバーシートは、素早いペダル操作を行えるようにするため、アルミパネルを敷いてある。
Dscn2925
しかし非常に困った問題がある。
雨の日など、靴の底が濡れていると、ペダルを操作するときに滑ってしまうことがある。
マットを敷いていないので靴の裏の水滴を拭き取ることも出来ない。
特に強化クラッチに交換しているので、クラッチを踏み込むにはかなりの力が必要だ。しかも強化レリーズの交換がまだなので、死ぬほど重い(笑)
しっかりとしたペダル操作できるようにするにはどうしたらよいものか・・・。

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`)     確かRALLY-Xのバックナンバーに!
     ノヽノヽ
       くく

ありましたありました!
セミワークスのドライバーシートの写真!
ペダルに耐水ペーパーを貼ってあったのです!

早速実践!

Dscn2926
まずはペダルのゴムカバーをひん剥く!

そしてペダルのサイズに合わせて、400番の耐水ペーパーを切り取る。

Dscn2927
ペダルに瞬間接着剤を塗り、切り取った耐水ペーパーを貼り付ける。
たったこれだけ!

翌日の天気は雨だったので早速テスト♪

結果・・・。

『想像以上に素晴らしい!』

まぢで感動した!(笑)
しっかりとしたペダルワークが行える。
純正ゴムカバーなんて比じゃない。
耐水ペーパーだけに水分への耐性もある。
すり減ったらまた付け直せばよい。
材料費なんてほとんどかからない。
やめたくなったら、上からまたゴムカバーを付けておけば元通り(o^-')b

注意点としては、アクセルペダルには貼らないこと。
普通の運転ではアクセルペダルの操作は、かかとを支点にして、つま先を作用点として、ペダルの上をつま先が滑るように操作するからだ。
あと、作業時は瞬間接着剤が手につくのでご注意を(爆)

|

« TDK 記録型CD/DVD撤退の余波(BlogPet) | トップページ | 中国から日本のメールサーバー内のメールが受信不能に »

整備記録(CE9A)」カテゴリの記事

コメント

靴の裏側も綺麗になりそうですね。
昔やった事があったのですが、変に引っかかる感じがしてやめちゃいました。ちょっと番数が低すぎたのかな。
今はSPARCOの一番安いプレートつけてるけど、これも微妙なバリがあって最初は苦戦しましたが最近は調子が良い。

ドライビングですこしでも気になる場所はやはり自分なりの使いやすさにアレンジするにはいいことですね。
そして自分が言い訳できないように自分で追い込みましょう(爆

投稿: はん太 | 2006/05/30 23:00

あはは、確かに裏側もですね(笑)
はん太さんはSPARCOのアレですかぁ~

まぁ今回の場合は、レリーズ交換までの安全対策と言った方が正しいでしょうか(^-^;
タッチフィーリングが軽くなったら、再考の必要があるかもですね。

>気になる場所はやはり自分なりの使いやすさにアレンジ
同感です。
やはり、マンマシンインターフェイスは大事ですねぇ。
車しかり、工具しかり、PC関連もまたしかり・・・。

>追い込み
あはは、精進しますです(^^;;;

投稿: en-g | 2006/06/03 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20645/10249833

この記事へのトラックバック一覧です: ペダルのお手軽チューン:

« TDK 記録型CD/DVD撤退の余波(BlogPet) | トップページ | 中国から日本のメールサーバー内のメールが受信不能に »