« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月の14件の記事

NHK五輪テーマソング 「誓い」/平原綾香

デビュー以来私も注目していたアーティストですが、NHKの冬季オリンピックテーマ曲に採用となりました!

リンク: 五輪のテーマソング 「誓い」.
リンク: Ayaka Hirahara Official Web Site.

ニュース7でサビまで聞きましたが、歌い出しは彼女特有の低音域のヴォイスからはじまり、サビへ向けて駆け上がっていく。そんな感じのワクワクさせてくれるような曲でした。
こいつは今年のオリンピックは楽しめそうだ~(o^-')b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リチャード・バーンズ氏死去

【お詫び】ココログpingサーバ不調のため、一部のサイトに対して複数回トラックバックが発信されてしまったようです。TB先のサイト様には大変ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。
公式リリース: トラックバックスパムとレスポンス対策について.

WRCドライバーで、脳腫瘍のため療養中だったリチャード・バーンズ氏が亡くなったそうです。

リンク: リチャード・バーンズ死去(RallyX News).
続報: 数々の名記録を残し、英国の天才ドライバー・バーンズ逝く(RallyX News).
リンク: asahi.com: 元WRCチャンピオン、リチャード・バーンズ逝去.
リンク: リチャード・バーンズ闘病の末の逝去に SUBARUワールドラリーチーム追悼の意.
リンク: MOTOR SPORTS | MITSUBISHI MOTORS JAPAN.

スバル>三菱>スバル>プジョー と渡り歩いた彼は、三菱時代に慣れないマキネン仕様セッティングのランサーながら、サファリや英国ラリーで優勝。

スバルへ戻った頃のドライバーズアイカメラでは幾度も「ピー(fucking)」を発し、見る側も楽しませて頂きました
y=-( ゚д゚)・∵.

英国では霧で全く視界が確保できないコンディションで、他のドライバーがペースを落としたのに対して、コドライバーのナビだけでフラットアウト。圧倒的なタイム差で驚異のベストタイムを刻んだことは未だに私の記憶から忘れられない。

リエゾン区間で他のドライバーと談話中に、カメラに対しておふざけをしているサービスシーンもありました。

そしてスバルでのドライバーズチャンピオン獲得。

そんな私が大切にしまっている宝物があります。
三菱でカリスマGTの名を冠したEvoIVサファリラリーの絵葉書です。
RALLI//ARTのイベント第二回(だったかな?)チャンピオンミーティングで頂いたものです。英国ラリーでインフルエンザを発病してしまったマキネン氏に代わって、バーンズ氏が来日されたのです。この葉書には彼のサインを頂いているのですが、まさかこんな事になってしまうとは・・・。

多くの人が彼の復帰を心から願っていました。

療養中にも元気そうな姿を見せて貰いました。

それなのに・・・。

そのあまりに若すぎる死・・・。

今はただ安らかにお眠り下さい。

関連blog:
JBのやる気のないblog リチャード・バーンズ氏 安らかに。
《デジガレ・アネックス》 バイバイ、バーンズ
IZU&Go! さよなら、バーンズ。
keep on runnin' リチャード・バーンズ死去
リチャード・バーンズ逝去
えびをください・・・ 訃報:リチャード・バーンズ死去
生体通信ログ Richard Burns の勇姿をもう1度… 観たかった
明鏡止水な日記 リチャード=バーンズ死急逝
( "X708" is ) Still in Progress... 訃報
GX WebLog リチャード・バーンズ逝去 wrc.comの日本語訳
Radの出来事 - 1号棟 <WRC>Richard Burns dies
インプレッサ スポーツワゴン 15i-S リチャード・バーンズ死去
Je suis I'espace où je suis. リチャード・バーンズ死去
ぐぅ・・・たら リチャード・バーンズ
Motors Blog 訃報: リチャード・バーンズ
からふるなゆうべsphere リチャード・バーンズ死去
桑田次郎先生を語るブログ 「バーンズは強敵だった」とマクレー ロイター通信によるマクレーへのインタビュー

| | コメント (5) | トラックバック (1)

融雪剤対策

やっときた晴れ間をぬってシャシーに防錆コートを塗布
幸いフロアガードを着けているので、ホイールハウスとトランク下部、メンバー類のコートで済みましたが、まるまる一本消費
(・ω・;)051126_1515.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いや。火種を探していたところだ。by Snake?

一度コレやってみたかったのよ!

DSCN2453_640 アチィ(・・;)

ネタ元はCOWBOY BEBOPですね。

TVシリーズではSession #11 「闇夜のヘヴィ・ロック」 TOYS IN THE ATTIC及び劇場版「COWBOY BEBOP 天国の扉」です。
スモーカーで同作品のファンなら一度はやってみたいことの一つかと(^_^;)

ちなみにタイトルの台詞はMGS4のトレイラーから(毎回最後のネタが楽しみですねー♪)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴルゴ13「支払いはスイス銀行かレジまで頼む」

アキバBlogさんの記事で珈琲吹いた!(爆)

リンク: ゴルゴ13「支払いはスイス銀行かレジまで頼む」.

イエローサブマリンさんの今回のセンスに脱帽です!
にしてもブリーフゴルゴがイカス!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソニーBMG「rootkit」CD修正プログラム悪用サイト早くも登場

以前の記事のrootkit型コピー防止ソフトをアンインストールする初期バージョン(web base type)は、websiteからのコマンドを受け入れるものだが、作業終了後も残留し、アクティブな状態を維持するという重大なバグがあった。
今回のニュースは、その脆弱性を利用したサイトが登場したというものだ。

リンク: ソニーBMGの「rootkit」CD修正用プログラム、さっそく攻撃の的に - CNET Japan.

私はこれは恐らく、Adobe Download Managerに似たものだと想像している。BMG側の意図としては、今後同社が同様なセキュアCDを出した場合、そのアンインストール指示用に残していたのではないだろうかと思う。
もし残すのであれば特定サイト以外からはコマンドを受け付けない、証明書による確認をする、などの配慮は当然あって然るべきものだ。

なお、現在配布されているアンインストールプログラム(local type)を使用する場合は問題は発生しない。

一連の事件からの結論。

  • 同社から発売されるCDは購入しないこと
  • 所属アーティストは移籍することも検討に入れるべき
  • インターネットの危険性をまったく理解していない企業はIT分野に進出すべきではない

こんなとこでしょうかね。

PS:ちょっと面白い視点で被害を確認できます(笑)
Χ: ソニーインフルエンザ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ソニーBMG製CDプロテクトベースのトロイの木馬出現

それみたことか(笑)

リンク: はやくもトロイの木馬出現--ソニーBMG製CDのコピー防止ツールを悪用 - CNET Japan.

以前の記事の懸念が現実のものとなった。
ゼロデイアタックの危険性が叫ばれる昨今に、このようなrootkitを大手企業がいとも簡単に採用したことは極めて遺憾です。

幸いなのは、プロバイダ系のメールサーバではアプリケーションゲートウェイでウィルス添付メールを削除することが、ほぼ事実上ディファクトスタンダードとなっていることでしょうか・・・。

しかし、企業にとっては、先日のニュースでも報道されたスパイウェア感染方法のように、お客様からのクレーム内容の証拠写真等に見せかけたファイルならば開かざるを得ない。

ネットワーク黎明期に開発されたPOP/SMTPプロトコル。
対スパムや対ウィルスを視野に入れた次世代のメール送受信プロトコルの必要が叫ばれてはいるが、標準化は遅々として進んでいない・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (11)

ミッションオイル交換

エンジンオイル(Gulf ARROW GT50)およびフィルターは別途交換済み。

今回の作業はミッション兼フロントLSDオイル交換です。
DSCN2465 チョイスしたのは以前と同じWAKO'S RG7590。容量は約3Lなので2Lを二缶用意。

でわ、ミッションを見てみましょう~
DSCN2466 上がオイルの注入口で、下がドレンボルト。

DSCN2467ドレンボルトは頭の部分が薄いので、メガネレンチがベターなのですが、あいにくこのサイズはソケットしかなかったので、後日購入することにします。
ここではラチェットが写っていますが、ちゃんとスピンナーハンドルでやりましたよ(^^;

で、開封・・・。
DSCN2468なんぢゃこりゃぁぁぁぁぁ~!!!
どす黒い液体がどぼどぼと・・・。

DSCN2469 あ、注入口も空けましょうね。

DSCN2471 ちゃんと抜けました~

DSCN2474 で、これがRG7590の本来の色。

DSCN2475ちなみにこれが抜いたRG7590・・・。
酷使しすぎや・・・orz

オイルの注入はジェットフィラーを使いましたが、粘度が硬いので、フィラーの先をちょん切って穴を大きくしたらこれがなかなかイイツールに♪

なお、交換後はシフトフィールも復活。でもやっぱりLSDの効きは少し弱いかな?
次回はもう少し硬めにしましょうかね。

走行距離:73,310km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google AdSense

GoogleさんからAdSenseの審査合格の通知がきました♪
早速試験的に導入です。

1.以前の有志によるGoogle検索ツールを公式のものに変更
2.現在試験中のイメージ広告をサイト解説項目の下部に設置
3.サイドバー方式のコンテンツ向けAdSenseを右上に配置

しばらくの間、試験配置としてコンテンツブロックの移動などを行うことがありますので、ご迷惑をおかけしますが、ご容赦いただきますようお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタッドレスタイヤの組込み

東北の冬の必需品、スタッドレスタイヤを購入したのは既報の通り。
今回は例によってkoma2さんの勤めるバイク屋さんにお世話になりました。ありがとうございます。

DSCN2456_640 さて、今回DSXをチョイスした決め手は、引掻き指向のタイヤであることと、縦のグルーブです。氷結路面で滑るのは、タイヤの接地圧によって溶けた水のせいですが、そもそもタイヤの設置面積はハガキ1枚程度。私的には吸水系よりスタッドタイヤ(スパイクタイヤ)指向である引掻き系がいいかなと思います。縦のグルーブは通常の積雪路面での横方向へのグリップを重視してです。これはダートタイヤで言えば55Rと56Rのパターンの違いかな?

さて、排気量の大きなバイクや最近のバイクのタイヤは幅の広いものも多く、私の6.5/15inchもバイク屋さんの装置でも余裕で組み込めます。

まずは既存のタイヤの虫ゴムを緩めて空気を抜き、虫ゴムも抜き取ります。

DSCN2454_640 koma2さんにリム内側への落し込み方を手解きしてもらいました。

慣れると簡単♪
バルブの位置に気をつけて落し込みます。これを両側行って、回転装置のチャックに固定します。バーをタイヤとホイールの隙間に挿し込み、支点は回転装置のローラーにします。
で、回転装置始動!
上側は楽に取れますが、下側が難しい。バーを下側のタイヤまで差し込まないといけません。そしていざ回転!

DSCN2457_640 取れたー♪(って何故被る!?)

DSCN2459_640 koma2氏曰く「オズの魔法遣い」のOZホイールもきれいに洗いました。

DSCN2462_640 ホイールにこいつを組み込みます。組み込むに当たってリム部分にクリームを塗ります。こうすることで空気を入れる際にリムにはまりやすくなります。
ちなみにタイヤ側面の「○」印と、反対側のシールの位置にホイールのバルブ位置を合わせて組み込むと、ホイールバランスが合った状態でセットできるのだそうです。

取り外しの時とほぼ逆の手順で回転装置を使用して組込み、エアーを入れます。そうするとリム内側に落ちているタイヤがホイールの端にはまります。
 koma2:「この時指を入れてるとちぎれるから気をつけてね」
 en-g:Σ(・ω・´;)
パーンという豪快な音と共に見事にリムにタイヤがはまります。念のため両側の外周部をチェックして、きちんとはまっているか確認します。

外しておいた虫ゴムを再び取り付け、規定圧までエアーを充填します。

DSCN2463_640 完成~♪

で、早速装着して帰宅がてらタイヤの焼入れをします。一度暖めないとゴムが硬いままなので100km程走行する必要があります。
到着後、既存のタイヤに履き替えてスタッドレスはシーズンに備えて倉庫へ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瞬間最大風速32.5mを記録

お昼頃のことですが、家は秋田市の沿岸部なので大変なことに!
2階にいたのですが、築年数が古いので揺れまくりです(>_<)
もぅ、ほんとに家が壊れるんじゃないかと思いましたです。

リンク: 県沿岸に暴風・波浪警報/秋田地方気象台.
リンク: プレハブごと飛ばされ重傷 秋田で突風の被害相次ぐ.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

@niftyBOOKをやってみる

いわゆるアフェリエイトです。@niftyポイントが加算される仕組み。正直使わないからどうでもいいポイントなのだが(^^; とりあえず右上に配置してみます。

amazonは上のココログプランでないとできないらしいけど、『メモ』項目にタグ書いてやればできそうだな・・・。

めんどくさー(爆)

すっかりCMSのぬるま湯につかる今日この頃~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パトレイバーついに登場か!?

しかも出渕裕氏デザインだし!Σ(・ω・´;)

リンク: ITmedia エンタープライズ:これが現実のパトレイバーか? HRP-2 Promet.

肩にパトライト付けたい(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DUNLOP DSX

寒冷地の必需品、スタッドレスタイヤを購入です。
ホイールへの組み込みはkoma2さんとこにお世話になります(^_^;

051107_1528.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »