« SMOKING KILL | トップページ | 初道交法違反 »

iPodショックから日本企業は何を学ぶのか

iPodが日本市場でも受け入れられた事からも判る通り、「今の日本のコピーワンス方式は容認できない」というのがユーザーの大多数の意見であり、かつメーカーもそのことを十分判っている。問題なのはコンテンツホルダーたるレーベル会社や放送局に振り回されていると言うことだ。例としてCCCDなどのCDコピーガードはユーザーに苦痛をしいただけで、結果的に撤退した。引用記事にもある通り、次は映像分野でも同じ事が起きるだろう。

笠原一輝のユビキタス情報局

|

« SMOKING KILL | トップページ | 初道交法違反 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20645/3140665

この記事へのトラックバック一覧です: iPodショックから日本企業は何を学ぶのか:

« SMOKING KILL | トップページ | 初道交法違反 »