« ダートトライアル同乗走行初体験 | トップページ | iPodショックから日本企業は何を学ぶのか »

SMOKING KILL

オーストラリアではタバコ広告に、必ずこの一文をつけなければならないそうです。
私の愛用タバコはマイナーなので実験台にされたのでしょうか?
新パッケージにはでかでかと警告文が…(`ε´)050226_1240.jpg

|

« ダートトライアル同乗走行初体験 | トップページ | iPodショックから日本企業は何を学ぶのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

愛煙家にとっては、肩身の狭い世の中に、なりましたね!
でも、日本のタバコのパッケージは、まだ、甘い!亜米利加のパッケージは、ガンになるだとか、かなり厳しい事書いてあるのに、日本に輸入されると、「吸いすぎに注意しましょう」としか書いてない!これは、国家的策略か!?そんなに税金欲しいのか!?って、ヘビースモーカーの言うセリフじゃないですね・・・
止めたいけど、意思の弱いピートでした

投稿: ピート | 2005/02/27 01:51

私にとってタバコは清涼剤であり、クールダウンして推考する機会を与えるツールであると同時に、職場ではコミュニケーションツールでもあります。派遣業界って派遣先に気を遣うことが多いですからねぇ・・・。
○Oo。-vζ'∂)

って、ピートさん、これくらい長い記事を書くのであれば、ご自身のサイトにネタとして書いてトラックバックした方が良かったかもですよ(o^-')b

投稿: en-g@webmaster | 2005/03/02 12:38

昨日、指定席、喫煙車両しかないといわれた。orz。

コレで何度目だ!JR

こみ上げてくる怒りを、抑えつつ、
座りたかったので、買ってやったが、、、

下車して、次の乗り換え電車に乗っているときに気が付いた。
愛用のバーバリーがヤニくさかった。


というわけで、公共交通機関全面禁煙派からのコメント付けさせていただきました。
まあ、昨日の今日なのでまだ根に持ってたりしてます。はい。

投稿: 岩飛びペンギン | 2005/03/03 01:31

岩飛びペンギンさん、ご愁傷様でした。
私も一時期は禁煙していたので、嫌煙者の気持ちは理解できます。
しかし、喫煙者も最近は肩身が狭いのですよ・・・。
喫煙禁止区域ではひたすらガマン。
喫煙禁止ビルでは外に出てタバコを吸う。
交通機関も私鉄は全面禁煙、JRもホームに一箇所のみ。
都内に出ればタバコを吸うために喫茶店に入らなければならないといった状況です(´・ω・`)

投稿: en-g@webmaster | 2005/03/03 14:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20645/3083081

この記事へのトラックバック一覧です: SMOKING KILL:

« ダートトライアル同乗走行初体験 | トップページ | iPodショックから日本企業は何を学ぶのか »