« 踊る大捜査線の番外編が登場! | トップページ | ガソリン急騰、119円 »

Windows XP SP2日本語版の適用について

マイクロソフト、Windows XP SP2日本語版を9月2日に提供開始 - CNET Japan

いよいよ、数時間後の9/2、公式にWindows XP SP2日本語版が提供される。
まず、会社のPCについてですが、特殊な業務アプリケーション等を使用している場合は正常な動作ができなくなる恐れがありますので、管理部門や情報システム部門からの許可が出るまでは導入しないようにしましょう。
一方、各家庭で使用されるPCについては導入するべきでしょう。
SP2で一番心配されている部分は「Windowsファイアウォール」についてだと思われます。この機能は従来出荷時オフで提供されていたもののバージョンアップ版で、SP2適用により設定がオンになります。この機能がオンになっても、インターネットやメール、ftpクライアントソフト、クライアント型ネットワークゲームなどのアプリケーションは影響を受けないでしょう。ネットワークに関わらないアプリケーションについてはWinsowXP対応ソフトならほぼ問題ないでしょう。
問題となるのはそのPCをサーバとして使用する場合です。例えばウェブサーバやftpサーバ、メールサーバ、ホスト機能を持つネットワークゲームなどです。この場合インターネット側から特定のポートに対して接続を受け付ける状態になるわけですが、Windowsファイアウォールはこれを受け付けません。従って使用するポートを開放する必要があります。概念的にはブロードバンドルーターでポートを開放する操作と同様です。

また、過去にDaemon Toolsによる問題点を記事にしましたが、SP2適用時に対応した新しいバージョンが登場しました。
Windows XP SP2適用時に発生する不具合を修正した「DAEMON Tools」v3.47が公開
同ツールをご利用中の方はSP2適用前にバージョンアップを行いましょう。

|

« 踊る大捜査線の番外編が登場! | トップページ | ガソリン急騰、119円 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 見事に再起不能アタックw
アンインストールしてレジストリも消したはずの
ディスプレイドライバがゾンビ化。画面が出ません。

FWモドキがどうの言う前に萎えますた。
幸い日曜に組んだばかりのマシンでしたがw

投稿: 液漏れ | 2004/09/02 13:18

(゚д゚)†

うちのは枯れたマシンですからねぇ
SP2 RC2も試していたのでさくっと入れちゃいました。
RC2の時はNorton Internet Securityが対応していなかったのでMSのFWモドキが働いていましたが、NortonからSP2対応パッチが配信されたのでMS-FWモドキは不活性になっています。
そのため結局FWは今までのNIS環境なので変化無しでした。

投稿: en-g | 2004/09/03 21:08

起動不能に陥っても影響の少ないLOOXにサクッと入れてみました。
…某氏の呪いなどは特になく,無事成功しました。
全体的にOSの動作が重くなったような気がします。

投稿: 北川 | 2004/09/05 10:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20645/1333917

この記事へのトラックバック一覧です: Windows XP SP2日本語版の適用について:

« 踊る大捜査線の番外編が登場! | トップページ | ガソリン急騰、119円 »