« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月の18件の記事

昨今のセキュリティ事情

ツール利用でハッカーの作業時間が短縮傾向に--セキュリティ専門家らが指摘
最近では攻撃者が一段と優れたツールを利用するようになってきたこともあり、脆弱性対処パッチの公表から攻撃コード出現までの時間が短縮される傾向にある。
これはつまり、脆弱性対処パッチをリバースエンジニアリング(プログラムをアセンブリコードに逆変換すること=マシン語から人間が理解できる言語へ変換)し、そのパッチがどこに対して修正を施しているかを探ることによって攻撃方法を解析するツールが出現するようになったため、従来より簡単に攻撃方法を見いだすことが可能になったということである。
セキュリティを確保するためには、より一層迅速な対処が必要になっている。もはや新しいパッチがシステムに及ぼす影響を検証している暇さえないほどである。システム管理者は常に最新のセキュリティ情報に目を配る必要がある。

セキュリティ専門家:「グーグルはハッカーにも人気」--欠陥サイト探しに利用
ユーザーにとって最も人気のある検索エンジンであるgoogleが、使い方次第で攻撃対象サイトを絞り込むツールとして有効であることが述べられている。これは私も目から鱗のニュースだった。
確かにgoogleの検索エンジンは優秀である。例えばウェブサーバのデフォルトのトップページファイル名とデフォルトページの内容をキーワードとして検索するだけで、インストールしただけで何も手を加えていないサイトを絞り込むことが可能であろう。
ここでヒットするのは恐らく個人でサーバを立てている一般ユーザーが多く引っかかるのではないかと思われる。未だに一般ユーザーはセキュリティに対する認識が甘いことが多い。試しにウェブサーバをインストールしたまま放置している場合も多いだろう。こういったサーバはDoS攻撃などの踏み台として利用されてしまうだろう。
なんとかとハサミは使いようとは言ったものである。

セキュリティホールに対する企業のパッチ対応が迅速化--米調査
最後はこれらの情勢に対する企業の動向である。
対応が迅速化しているのは事実だが、対象はインターネットに直接接続しているコンピュータだけであり、LAN内のコンピュータに対するパッチ対応は未だに遅れている傾向が見て取れる。
LAN内ももはや危険な状態である。無線LANからの侵入、ノートPC持ち込みによるLAN内へのワーム感染、USBメモリなどのストレージを介したワーム感染、等々。逆にこれらによる社内から社外への情報流出。
まずはコンピュータに対するセキュリティ以前に、私用ノートPCやストレージの社内持ち込み禁止や、持ち込みに際しての審査、システム管理者に許可なくLAN機器の増設や接続の禁止、といったセキュリティポリシーの策定が必要であろう。
こうなるとセキュリティポリシーに関してはシステム管理部門の管轄ではない。全社的な取り組みが必要であろう。
上層部を説得するにはこの辺の記事が有用かな?
セキュリティ対策、社内の協力を仰ぐには?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

64ビット版Windowsが来年に延期

Windows Serverのアップデートと64ビット版Windowsのリリースに遅れ - CNET Japan

(´・ω・)まだかな (´・ω・`)まだかな (;´Д`)Nooooooo

OpteronはXeonに拮抗しているから大丈夫なんて書いてあるけど。
Athlon64ユーザーにとっては痛いでしょうな。
あと半年もβ版かLinuxでないと恩恵にあずかることができないのか。
これで私のマシンも更改時期が遅れることに・・・(゜∀。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転送速度80倍速のCF

グリーンハウス、データ転送速度80倍速のコンパクトフラッシュ - CNET Japan

高速連写を行うハイエンド一眼レフデジカメでの使用を前提にした製品ですね。スポーツ関係での撮影にイイでしょうなぁ。
うちのデジカメも今となってはレスポンス遅い部類に入るんだろうねぇ。
最近ではようやく眼レフデジカメも一般人に手が届く価格帯になって参りました。オレも銀塩とセットで下取りに出して、眼レフデジカメにしたいなぁ~。
雀の涙ほどの下取りになりそうな気がするが・・・(´・ω・`)

ちなみに今のデジカメに使ってるCF、カードリーダーをPCに接続したままの状態でうっかりスロットに差してしまいました。

壊れたii||ii_| ̄|●ii||ii
最初のセクターの方が壊れたらしく、最初の2枚くらいは変な画像データになってしまう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オイル滲み発見

うちのFTOはエアクリーナーをHKSのスーパーパワーフロー(通称毒キノコ)に換装しているんだけど、そろそろ交換時期と思って自動後退に行ってきたのね。そんで、交換している最中に思い出したことがありました。
そう言えばしばらく前に某オーナーズクラブの掲示板で話題になっていた「エンジンブロック上部のガスケットからオイルが滲んでいる」とかいう話題に「これってリコールじゃないのー?」なんて騒いでいる人がいましたが、「そんなんリコール対象になるかい!」とそのときは思っていました。

えぇ、はい、愛車にもそれを発見するまでわーii||ii_| ̄|●ii||ii

まぁ、でも5年落ちで5万キロだとこんなもんかもね。
3000キロ毎にオイル交換して、2回に一度フィルターも交換していたんだが・・・。
クリーナーかけて新たな滲み具合の様子を見て、ダメならガスケット交換かなぁ・・・。
確認したのはフロントバンクだけです。だってリヤバンクはインテークマニホールドの補器類やらなんやらでよく見えないんだもの。まぁ、フロントがこうだとリヤも恐らく・・・(´・ω・`)
リヤバンクに手を入れるとするとインテークマニホールドを外さないといけないので工賃もかかるから、色々交換したい場所が出てくるなぁ・・・。リヤバンクのガスケット交換、スパークプラグ、ついでにタイミングベルト交換?
うわぁぁぁぁぁ諭吉さんが飛んでいくぅぅぅぅぅ(Tд⊂)

やっぱレブリミッターまで回してしまうオイラがいけないのか?(゜∀。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年WRC 三菱参戦休止

2004年FIA世界ラリー選手権 - 三菱自動車の活動内容一部見直しについて

数日前から言われていた三菱自動車の世界ラリー選手権(WRC)への参戦計画ですが、当初の報道の通り、第10戦RALLY JAPAN以降の参戦を休止することが決定しました。
本年度参戦してからLANCER WRC2004は最高で6位に入賞するのがやっとというレベルで、Gr.Aに専念していた分だけWR-Car開発に後れを取ることとなってしまったのは仕方のないことでしょう。既に数戦前よりMMSP GmbHでは参戦を中止して開発に専念した方がよいのではないかとの意見が内部からも出ており、折しも日本ではリコール問題が取り沙汰されていることもあって、参戦を休止することに決まったのでしょう。RALLY JAPANのカンファレンスではスバルと三菱からドライバーが日本を訪れていたこともあり、参戦は確実と思われていただけに残念です。
ただし、前向きに考えるとあくまでも「休止」であり、2005年度からの参戦はこれを否定するものではありません。三菱自動車が新たに掲げた「DNAへの回帰」のもと、彼らはきっとWRCに帰ってくることでしょう。
かつて、いずれのメーカーもWR-Carの開発には時間を要しました。その間Gr.Aに専念していた三菱が常勝していたのはそう言う背景があったからとも言えるでしょう。やはり、WR-Carの開発には2~3年の開発期間が必要になるものと思われます。WRCに参戦しつつも開発というのは、数年前と異なり開催回数の増えた昨今のWRCでは充分な期間を得ることができないという問題もあります。参戦休止は残念ですが、更なるマシンの熟成を経て帰ってくることを期待しています。
なお、今後数戦に参戦予定とありますが、これは恐らくシリーズ後半に集中しているターマックラリーへの出場になるのではないかと思われます。残りは高速グラベルのフィンランドラリーとターマックのドイツラリー。前者は高速グラベルの代表ラリー。グラベル用セッティングの最終試験と言ったところでしょう。後者では初の本格的ターマックラリーですので、まだデータの蓄積は不十分です。よってツール・ド・コルス、カタルニアラリーあたりに参戦してくるのでないかと思われます。
データの蓄積と先ほどから述べておりますが、実はLANCER WRC2004はまだお家芸とも言えるアクティブデフを搭載しておりません。いずれも機械式のパッシブデフです。アクテイブデフを搭載することは素人目には利点のように思われますが、サスペンション等の最適なセッティングが見つかっていない状態では相互に原因が絡み合って改良点が見えにくくなってしまうと言う問題があります。まずはマシンの基本的なセッティングを見つけてからアクティブデフの搭載に入ることになるそうです。その為にも度重なるデータの蓄積は重要なのです。スーパーラリー方式の暫定採用によって走行機会が増えるという利点もありますが、やはりフル参戦では開発に割く時間が確保できないのでしょう。

とまぁ、長々と書き連ねて参りましたが、これだけは言わせて欲しい。

生パニヤン見てぇ~!(Tд⊂)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DivX/DivX Pro v5.2公開

窓の杜 - 【NEWS】メニューの日本語表示が可能になった「DivX」「DivX Pro」v5.2が公開

あらゆる意味で有名になってしまったmpeg4コーデックのDivX。従来のPro版は無償で使用する場合にAdWareがインストールされるため批判を受けているソフトウェアですが、今バージョンのPro版は使用期限付きとする方式に改められました。まぁ、これでやっと胡散臭さが取れたと行ったところでしょうか。
同ソフトは品質の劣化をなるべく抑えてサイズを大幅に縮小できるコーデックとしてブレイク。WMV9 VCLと比較して画質は劣るものの、圧縮率と処理速度はDivXが勝っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センタートンネルが熱い!

え~、梅雨も明けまして連日の猛暑な訳ですが、2l-V6-MIVECを積むFTOはエンジンルームにほとんど余裕というものがありません。フロント開口部も少なく、回してナンボのエンジンなので、ものすごく熱い車です。当然車内も熱いわけですが、少しでもパワーを稼ぎたいので、まだエアコンを使用せずに頑張っております(^^;;;
で、車内で最も熱い部位がフロントパイプがあるセンタートンネルな訳です。エンジンの排熱も恐らくここに集まるのでしょう。フットレストに足を置くとそりゃぁもうアチィ訳で・・・。ちょっとハイカム使うだけであっという間に油温は100度に到達します。しかし、その官能的なサウンドを堪能するにはやっぱ回して走らなければならない訳で・・・。
それでもついついセンタートンネルの熱さを左足でチェックしてしまうオレってやっぱマゾ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お友達のoutsiderさんの日記がblogに統合

いやいつの間に

outsiderのyasushiさんの日記がblogに統合されました。
いつも更新されているのが日記の方だったのでレスできなかったけど、これからはトラックバック送りまくりますぜ( ̄ー ̄)

そうそう、@niftyツールバーが本日version2にアップグレードされました。
目玉は何と言ってもココログとの連携!
webサーフィン中に気になる記事を見つけたら「ココログ」ボタンをクリックするだけで、自分の投稿フォームのページが別ウィンドウで開きます。しかも元記事へのリンクも自動的に作成されます。
別ウィンドで開くってとこがさりげない配慮ですね。元記事を参照しながら記述できます(o^-')b
先日のお誕生日メールといい、ぐっじょぶ!@nifty!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Update Services(SUSの新バージョン?)も出荷に遅れ

マイクロソフト、Windows Update Servicesの出荷を来年前半に延期 - CNET Japan

WindowsXP SP2リリースが遅れたことに伴い、WUS(SUSと思われる)もドミノ式に遅れることになった。
SP2では新しいAutomatic Updates機能が組み込まれるため、WUSにもこの機能を反映させなければならない事も遅れた要因の一つである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月の月例パッチとWinowsXP SP2をアンインストールしたマシンについて

Windowsにまた「緊急」の欠陥--マイクロソフト、7月の月例パッチは7つ - CNET Japan

さて2回目の月例パッチですが内容については上記リンクを参照。
ここではWindows UpdateをVersion5にアップデートされている方への情報をお送りしましょう。
ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、Windows Update Version5はWindowsXP SP2(以下SP2)をアンインストールしてもVersion4には戻りません。
Version5ではこれらのアップデートはまだ提示されておりません。従ってSP2をアンインストールしてWindows UpdateがVersion5のままの方は、従来のVersion4でWindows Updateを実行する必要があります。ご注意下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Media Center Editionが自作ユーザーにも

Microsoft、Media Center Editionを自作市場向けに提供開始

自作ユーザーにとっては、MSDN会員以外は手にすることのできなかったWindows XP Media Center Editionが今秋以降入手可能になるそうです。
CPUなどの自作PC主要パーツとのバンドル販売が可能な、いわゆるOEM版での提供となります。
とは言うものの、ハードウェアとの互換性がシビアなOSなのでうまく動作するかどうかが気になるところです。その辺がパッケージ版の予定がない理由でしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WindowsXP SP2、再び延期

マイクロソフト、Windows XP SP2のリリースを再び先送り

まだ、原因は公表されていないそうですが、FreesoftのDeamonToolsとの問題でしょうか?
過去のBlogでも書きましたが、DeamonToolsを導入しているPCにSP2(RC1/2)を当てようとすると、「atapi.sys」を上書きできないと言うような警告が出てインストールが途中で終了してしまうのです。
直っていると良いですね。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ハッピーバースデーと言えばJAF

今日で私もあまりめでたくないお年頃の仲間入り(´・ω・`)

さてさて、JAFから新しい会員証が届きました。
今までの薄っぺらいカードから、ぱっと見がClub ON & VISAカードみたいな厚型カードになったようです。併せて5年間使い回すカードになるそうです。
保険会社の自動車サービスもあるのでJAFが必ず必要という訳でもないのですが、自動車競技のBライセンスのため継続しております。といっても今失効中なので再度取り直そうと思うんですけどね(^^;
そんな訳で長期継続の証、JAFエンブレムステッカーも同封されておりました♪
そういえば昔はオーナメントバッジだったようですね。今は内貼りのステッカーになっているようです。

@niftyからも誕生日祝いのグリーティングカード(web/flash)が届きました。
ちょっと嬉しかったぞ(o^-')b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

話題の電車男がニュースにもなった!

2ちゃんねる発「純愛物語」にハマりまくる人々
「切ない」「泣いた」「ネット新世代の登場だ」……引きも切らない議論の数々

私もこの話は知っていたのですが、過去ログまとめサイトも見たのは初めてです。まだ最初のとこだけしか読んでないけどね(^^;
しかし、この話題がちゃんとしたニュースというかコラムになったのがスゴイですね。

サイトを読んで感動した人からは「2ちゃんねるを誤解していた」

という感想もありますが、そうなんです。フォースもとい2chの暗黒面ばかりがクローズアップされる昨今ですが、UD Agent(P2PでCPUリソースを共有して癌の特効薬を解析するプロジェクト)にまつわる話の数々、湘南海岸クリーンアップ大作戦など、結構イイ話もあるんですよね。他のスレッドが多くて巡り会うのが大変ですけど(^^; まぁそういう場合は「ちゃんねるぼっくす」など2chの情報サイトを尋ねるのも一つの手でしょう。

さて、私も「めしどこか たのむ」の次を読んでみることにしましょうかね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

流石にこれには頭に来た

三菱ふそう、また隠蔽 クラッチ系統欠陥をわい小化

これも財閥体質のせいなのか?

三菱ふそうの生産本部品質管理部の部長級社員が、クラッチ・ハウジングの亀裂問題で深刻な状態にもかかわらず軽微な状態へと変更したり、破断で走行不能となった車両を「点検中に発見」と虚偽報告したとのこと。
部長級社員は、破断を「公表したくなかった」と説明したという。

三菱自動車のオーナーとして、これには流石に頭に来ました。お客さんとの接点である販社がクレーム対応やリコール対処に苦慮している中、上層部の体質は未だにこんな状態!
品質管理部門には外部からの監査を入れるように改善した三菱自動車のように、三菱ふそうも大幅な改革が必要であろう。例えば品質管理部門からは上長の許可を得ずダイレクトに報告できるようなシステムを整備するなどである。

私はまだ三菱自動車の原点回帰・三菱自動車DNAに期待している。だからこそこれ以上は問題を出さないようにして欲しいものである。
願わくば、この苦境から精魂込めて生み出された自動車が、珠玉の一品とならんことを。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ビットレートが違うのに同じ土俵で勝負するとは何事か!?

どっちもどっち--アップルとソニー、音楽をめぐってつばぜり合い
「ソニーのHDDウォークマン宣伝は誤解を招く」とApple

SONYの表現はいかがなものかと。iPodの128kbpsでの収録曲数に対して、48kbpsでの収録曲数で対抗するとは・・・。そりゃ当然ビットレートが少ないから収録曲数は多くなりますが。

それはそれとして、私はRioVolt100(CD-MP3/WMA Player)にWMAで48kbpsに圧縮変換して、大量の音楽を通勤時に聞いていますが、音質はキニシナイ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WindowsXP SP2 RC2

WindowsXP SP2(RC2)を入れようとしたんですが・・・。
「c:\windows\system32\drivers\atapi.sys を開いているか、使用中です。アプリケーションを終了して下さい。」
との警告が。
常駐ソフトを終了。関係ありそうなプロセスも終了。デバイスマネージャでIDEを停止させてもダメですた(゜∀。)
正式リリースで修正されることをキボンヌ(´・ω・`)

21:00追記
atapi.sysが上書きできない原因はDaemon Toolsが原因だったようです!
http://pcweb.mycom.co.jp/column/winxp/124/
http://cgi26.plala.or.jp/gogomaru/patio/patio.cgi?mode=view&no=56
http://square.no-ip.org/blog/archives/2004/0627095751.html
これから再挑戦 (`・ω・´)シャキーン!

22:50追記
無事インストール完了(o^-')b
Daemon Toolsも再インストールして動作を確認しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2ch化Σ( ̄□ ̄;;;)!!

ATOKで“キボンヌ”“禿同”を簡単入力~7月1日から収録データを公開

嗚呼、ジャストシステムよ何処へ行く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »