« PCI Expless実装のまとめ | トップページ | 理系授業削減のあおりか? »

攻性防壁は認められるか?

セキュリティツールの“反撃機能”に懸念の声
攻撃者のPCを無効化・破壊といった反撃機能を持ったソフトがついにリリース。この製品は踏み台にされただけのPCをも反撃するとの懸念が専門家から提示されている。
私から言わせてもらえば、対策を施さないユーザーが悪い!踏み台だろうが感染PCだろうが管理者がきちんと対策を取るべきだ。願わくばこれを機にセキュリティ対策の意識向上をお願いしたい。もちろん企業では全社員にセキュリティポリシーを徹底すべきだ。
だがしかし、対策パッチが運用中のソフトウェアに影響を及ぼさないかどうかの検証が必要という問題もある。これはソフトウェア開発側と運用側の検証が必要になるため時間を要する。一概に最新パッチをただ当てればよいという訳にもいかないのである。この点をどうするかも問題である。

|

« PCI Expless実装のまとめ | トップページ | 理系授業削減のあおりか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20645/404521

この記事へのトラックバック一覧です: 攻性防壁は認められるか?:

« PCI Expless実装のまとめ | トップページ | 理系授業削減のあおりか? »