« DoCoMo必死だなヽ( ´ー`)ノ | トップページ | 12倍速Σ( ̄□ ̄;;;)!! »

NetBurst恐るべし

HT/CT/LT/VT-4つのテクノロジを拡張できるNetBurstの秘密
発表当初はInternet時代における機能拡張だとか曖昧な表現が宣伝文句だったintel社Pentium4のNetBurstテクノロジ。ここにきてそれが持つ拡張性の高さが実証される形となった。
HT/CT/LT/VT、そのいずれもが本来ならばCPUの設計の根幹に関わる重大な機能追加であり、CPU再設計によるリリースの遅延が生じるはずなのだ。その拡張性はCT(Clackamas Technology)つまりは64-bit Extension Technology(IA-32e)の実装で明らかであろう。
当初Yamhillと呼ばれたintelのIA-32の64bit化はAMD64のそれと異なるものであった可能性が高い。そのままいけばMicrosoftはintelとAMDの64bitCPU双方に対応したWindowsを出荷するために2種類のコードを書かなくてはならなかったはずだ。しかしAMD64が先行し、MicrosoftがintelにCPU構造の妥協を要請するやいなや短期間のうちにCTとして追加実装して見せた。これはCPUの大幅な再設計なしに機能を追加できるNetBurstテクノロジの拡張性の高さに他ならない。
Pentium4世代CPUにおいては、もはや他社が隠し球の新機能実装でリードしようともintelが短期間で追従することができると言えるのである。つまり、対応OSリリースまでのタイムラグで新機能を実装してしまう。
対するAMDといえばAthlon→Athlon64と言うように同じIA-32でも大幅な再設計が必要であった点からもお解りであろう。Pentium4が如何に先を見越して初期設計がなされたか。ただただ感心するのみである。

|

« DoCoMo必死だなヽ( ´ー`)ノ | トップページ | 12倍速Σ( ̄□ ̄;;;)!! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20645/280466

この記事へのトラックバック一覧です: NetBurst恐るべし:

« DoCoMo必死だなヽ( ´ー`)ノ | トップページ | 12倍速Σ( ̄□ ̄;;;)!! »